fc2ブログ
HOME

自分でお気に入りの写真を紹介(基本的に私が撮影したものです)

松草トンネルその2

先に投稿した【松草トンネルその1】は盛岡側から
宮古方面に東進する場合を紹介した。
自動車専用なので125cc以下のバイクは通行不可。
今回は反対側の宮古側から盛岡方面に西進する場合を
紹介します。
こちらも表示板が自動車専用道でお馴染みの緑地に白字。
勿論コンクリート製の中央分離帯があります。
s-松草トンネル宮古側1

しかし、手前の迂回路(旧道)との分岐部分に
設置されている案内標識には自動車専用道の
表記はありません。
ある期間にはこの案内表示とトンネルの中間に
バス停も設置されていました。(現在はありません)
ですから、宮古方面から125ccのバイクで盛岡
方面に向かって走って行くと、上の写真の一般的に
自動車専用道のトンネルの中に進入して行ってしま
いましたが、表示通りなら問題無いはずで紛らわしい。
私の後方を走行していたクルマのドライバーの視線が
気になったのですが。。。。。。
以前、不安だったのでトンネル入り口手前でUターン
して下の写真のところまで戻って確認したのですが
やっぱり不安でした。

という事は、この松草トンネルは1本のトンネルだが
東進は自動車専用道で、西進は一般道のハイブリッド
トンネルなのでしょうか?
s-松草トンネル宮古側2

スポンサーサイト



松草トンネルその1

国道106号が改良され、盛岡から宮古方面への
移動が非常に便利に、快適になった。
クルマで走行する場合、自動車専用区間を利用
するからその恩恵は大きい。
しかし、私のバイクCT125:ハンターカブは
原付2種なので自動車専用道に通行は出来な
いので自動車専用道の分岐から一般道(旧道)
を走ることになる。
その中で【松草トンネル】に関して面白い状況
いや紛らわしい状況が在る。
松草トンネルの構造はコンクリート製の中央分
離帯が設置され【松草トンネル】と表示された
表示板も自動車専用道でお馴染みの緑地に白字。
盛岡側の様子です
s-松草トンネル盛岡側1

当然、手前の旧道との分岐には【自動車専用道】
の幼児と迂回の旧道を示す表示があります。
ところが反対側の宮古側は。。。次回に続く。。。
s-松草トンネル盛岡側2

50年前の舟っこ流しとオリンパスPenD3

昔の写真を眺めていたら、小学生当時の私が
舟っこ流しの会場近くでカメラを手にしている
写真があった。
ピント、フィルム感度、絞りそしてシャッター
スピードのすべてが手動でこのカメラで【露出】の
考え方を学んだ。
当時流行ったハーフサイズカメラ、後になって気付
いたのだがレンズは32mmのF1.7なので明るい
レンズなんです。私が居る場所は、北上川の明治橋
下流の右岸(仙北町側)。
水の流れが迫っていますが、現在は堆積土砂で緑に
覆われています。
s-フラット00275

そして、この写真からも分かりますが明治橋
下流で勢いの良い炎!
現在は明治橋上流から流し始めますが、当時は
明治橋下流から流し始めていた様子が分かります。
この状態で明治橋の下を潜るはずはありませんからね。
ボケの利いた背景は南大通3丁目の【御蔵】付近です。
s-フラット00279

出ル町:その2

バイクイベントの準備作業に便乗して岩手県内
郵便局巡りを実行中なのだが、その移動途中で
興味深い案内標識を発見した。
久慈市日野沢の山間部で立派な案内標識、右折
すると【出ル町】。この「いずるまち」という
素敵な響きの町は二戸郡一戸町にも存在するのが
知られていて以前の投稿紹介した。
しかしここで紹介している【出ル町】は現在は
久慈市に合併された旧山形村みたいです。
素敵な響きの2ヶ所の【出ル町】
興味津々です。
s-P7300376.jpg

こちらは、二戸郡一戸町の【出ル町】
要調査ですね!
s-20201003_125554.jpg


旧山形村の簡易郵便局

昨日は暑かった
バイクイベントの準備作業の一つの草刈り
で平庭高原に行ったのだが、その作業前の
早朝にちょっと足を延ばし旧山形村の郵便局
を撮影。ここでは簡易郵便局を紹介します。
その1 戸呂町簡易郵便局
早朝しかも土曜日だったので、営業時の様子
ではないのでちょっと寂しいが、休日利用の
撮影の宿命です。集落の商店でビール、酒の
ケースが見える。
s-P7300374.jpg

その2 荷軽部簡易郵便局
木炭の製造販売で有名な谷地林業に併設されて
いる簡易郵便局。右隣りの道路に面している
【土木部】と書かれたガラス戸から室内の蛍光灯
が灯っているのが確認されたので「県内郵便局の
写真を撮影しています。写真を撮ってもいいです
か?」と事務仕事中の女性と会話。
s-P7300378.jpg


駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード