FC2ブログ
HOME

自分でお気に入りの写真を紹介(基本的に私が撮影したものです)

小春日和の水管橋

本日、11月に入って最初の土曜日。
世の中、3連休の初日になっている人も多い
かもしれないが、私の勤務先は4日月曜日は出勤日。
入社以来(37年前に入社)11月3日の【文化の日】
は出勤日なのだが、今年は日曜日なので休日だがその
振替休日が出勤日。
今朝は日の出前に岩山のカフェでモーニングコーヒーを
飲んでから天峰山に行ったのだが、さすがに寒かった。
帰ってきてからは文字通りの【小春日和】で近所を
バイクで走っても寒さを感じなかった。
バイク通勤の日の帰りに気になっていた雫石川の
水管橋が塗装工事の「作業していますよ!」と
アピールしている姿を撮影した。
こちらは右岸の本宮側を間近で激写!
(激写という表現、昭和の香りがする。。。)
s-20191102_141552.jpg

そして、こちらは左岸の盛南大橋の歩道から
施工業者は奥州市の小野寺塗装
【小野寺】が「ああ、やっぱり奥州市!」と感じます。
この光景をみて私は【マディソン郡の橋】を思い出した。
カメラマン役のクリントイーストウッドが映画の中で
使っていたカメラが【Nikon F】だったばず。。。
s-20191102_142815.jpg
スポンサーサイト



ロイヤルブルー

万年筆好きの私、色々なメーカーの所有して
いるが、一番気に入っているのがモンブラン。
以前の投稿【万年筆】でも紹介していますが
書き味、ペン先のタッチや軸のフィット感
そしてバランスが文句無し!
で、インクは【ロイヤルブルー】がお気に入りです。
実はつい最近、Amazonで小型で安価な万年筆を
購入したのですがインクカートリッジは欧州基準の
ものでしたので手元にあったモンブランのインク
カートリッジを装着。で、在庫がなくなったので
TSUTAYAに行って久し振りに購入しました。
以前よりずいぶん箱が大きい。。。
裏を見ると
日本語で:ロイヤルブルー
中国語で:皇家藍
中国語はそのままの直訳だ。。。。
(エアバス:空中客車と同じ。。。。)
s-R0010721.jpg

対して以前の箱の裏は
日本語は同じく:ロイヤルブルーだけど
中国語は:寶藍色 で
日本人には直観的には分からないと感じた。
訳語も進化しているのだね!
s-R0010722.jpg

現存最古のサイロ

またまた書棚の整理をしていて発見した本。
以前、私は読み終えた本は【読了の証】として
カバーを捨てていたのでこの姿。(その後、
カーバーが無いと古本で引き取らない事を
知り、現在はカバーを保存)
さて、本題だが以前紹介した【本店巡礼】
同様に【最古巡礼】を紹介します。
日本各地に現存する最古のものを紹介している
のだがその中に盛岡近郊の小岩井農場に
現存しているある物が紹介されていました。
s-R0010383.jpg

それは【サイロ】です。
小岩井農場だけではなく、酪農&畜産農家の
シンボル的な構造物がサイロですが、紹介さ
れている小岩井農場の上丸牛舎の1号サイロと
2号サイロが現存する最古のサイロです。
ただ、最近は牧草のサイレージは牧草地で
刈り取って大きなロールにしてラッピングする
方法で作っているので新しいサイロを見ることは
殆どありませんね。
s-R0010384.jpg

チロリン村

四連休の三日目(実際は従業員全員で有給休暇!)で
天気が好かったので、久し振りに山道をバイクで探検。
(午前中は銀行、役所関係でミッション)
ランチを県庁地下の喫茶コーナーで太麺の醤油スパゲッティ
を食べ満足。(味付けは釜石市の藤勇醤油と八幡平市の
鷲の尾のコラボ!)
スタートが遅かったので近場の山道に向かった。
綱取ダムを見下ろす展望台で写真撮影した後、向かったのは
綱取スポーツセンターだったが平日の昼だったからか
人影は無かった。
駐車場を横断して第二駐車場の案内看板に従い奥へ奥へと
進んで右に曲がったが途中で引き返して反対方向へ。
盛岡市の散策路なのでその案内に示された【終点】を
目指して進んだ。
途中の分岐に【チロリン村へ】の案内板を発見。
もちろんその方向に進んだ。
s-R0010406.jpg

そして、暫く山道を進んだその先にこのゲートが!
まるで【ポツンと一軒家】みたいな感じです。
s-R0010410.jpg

今月の2冊@2019年10月

先日、1週間ごに迫った中学校の同期会の
打ち合わせで盛岡駅ビルのホテルで最終打ち合わせ。
その時に、さわや書店フェザン店で購入した2冊です。
さわや書店の品揃えは県内関係に関する出版物では
県内随一(=国内随一)と思う。
その1.
【福田パンものがたり】
最近は【盛岡のソウルフード】と評され、各メディアで
紹介されることが多く、店舗の前は購入客で人の列。
それも観光客の割合が多い人気のパン屋。
しかし、地元民にはそれこそ普通のパン屋さん的なお店。
特に、盛岡の高校生には青春の腹を満たしてくれる
ふわふわのコッペパン。
その、福田パンの歴史を紹介してくれる1冊です。
s-R0010382.jpg
その2.
【戦没農民兵士の手紙】
:岩波新書アンコール復刊
この本を購入するきっかけは、このブログで
何度か紹介している岩手大学の講義
【地元企業に学ぶESD】で
【平和について考える~農民兵士の声が聞こえる】
がありその参考資料として購入した。
約7年前からこの講義【地元企業に学ぶESD】
を聴講しているが、【~農民兵士の声~】は
初年度に聴講して心が重くなった感じがしたので
以降の年度はパスしていた。
しかし、先日偶然店頭で発見したらアンコール復刊の帯、
第1刷が1961年7月20日を見て心が動いた。
今年は久し振りに11月6日の講義を聴講する。
先ずは数ページ読んでみた。
出征した若者が故郷の親兄弟を心配している
様子がひしひしと感じられる。
じっくり読みたい一冊である。
s-R0010381.jpg
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード