FC2ブログ
HOME   »  書籍
Category | 書籍

本日のジュンク堂(鉄道&バス)

本日の昼前、ジュンク堂書店に行って
ネットで取り置き依頼していた話題の
コミック誌【イワさんとニッポちゃん】
を引き取りに行ってきた。
いつもの様に鉄道コーナーに行ってみたら
欲しい本がたくさんあったのだが、本日は
厳選して
【こんなものまで運んだ!日本の鉄道】を
購入。
パラパラとページをめくったら【小荷物】
【手荷物】の文字が。。。。
そうです、私が大学生活を始めるにあたり
生活用品、布団(布団袋に入れて)、学用品
を札幌の寮までは我が家の近くの【仙北町駅】
から【鉄道小荷物】を利用したのでした。
当時の仙北町駅は秋になると【リンゴ箱】が
山の様に積まれて駅員さんも大忙し。
クルマの部品を受け取りに来る、整備工場の
若者が到着を待っていたりで活気があった。
s-20201219_194117.jpg

そして、もう一冊
全国の味のあるバス停を撮影した
モノクロ写真集その名も
【バス停留所】
じっくり鑑賞したい雰囲気の写真です。
s-20201219_194151.jpg
スポンサーサイト



色々な色の本

美術館に行くと売店で何か買ってくるのが私の常。
昨日の岩手県立美術館でも買った物があるが
企画展の東山魁夷とは環形ない書籍でした。
タイトルは【色の辞典】
色々な色についてイラストで説明している。
例えば【浅葱色】【露草色】。。。
イラストが可愛いのです…
s-IMG_4034.jpg

帰宅してから、思い出したのが
書棚に【色の名前】というタイトルの書籍が
在るはずだが。。。。ありました。
こちらは写真で説明している
当然こちらにも【浅葱色】【露草色】。。。
同じ色を異なった表現で説明している
面白い。。。
s-IMG_4035.jpg

鉄道写真集(岩泉線&花輪線)

鉄道写真集は数あれど、岩手県関係の
そして風景が素敵な写真集を私が所蔵
している2冊を紹介します。

岩泉線
既に廃線になってしまった岩泉線
私は一度だけ、盛岡発岩泉行きの臨時列車で
往復したことがある。
山田線茂市駅から岩泉までの路線だが
茂市駅の線路の配置から【宮古~岩泉】に直通の
列車はあるが【盛岡~岩泉】に直接乗り入れる
事は出来ずスイッチバックが必要(盛岡~釜石の
直通列車が花巻でスイッチバックするのと同じ理由)
なので特別企画列車【秘境駅号】でした。
途中駅に関しての過去の投稿は【押角駅】←クリック
s-20200430_003526.jpg


花輪線
中学生時代は冬に友達とスキーをするために竜が森、
大人になってライトな【乗り鉄】で
盛岡~好摩~大舘~秋田~盛岡の日帰り旅を何度か
楽しんだ。
未だ、途中でショートカットする路線の
【秋田内陸縦貫鉄道】に乗っていないので、次の目標とする。
    ↑クリック
以前、この周回ルートの乗車で盛岡駅から通路を挟んで
座っていた若者と夕方盛岡駅に戻った直後、フェザン
地下のレストラン街で遭遇してビックリした記憶あり。
s-20200430_003545.jpg

本日の2冊:2020/03/21

本日の夕方、フォーラム盛岡で話題の映画
【三島由紀夫VS東大全共闘】を観てきた。
観客の平均年齢が高いな!と感じたが、まさに
全共闘世代のオジサン、オバサンでした。
で、観て疲れました!
あの映画館で映画観ると下のジュンク堂で本を
買ってしまいます。
もちろん、今晩も。

その1【貨物時刻表】
以前から買う/買わないで悩んでいたが
今年は、勢いで買いました。
貨物列車に興味のない一般人からすれば
「なんで、2500円もする貨物列車の
時刻表が必要なの?」
と、言われるのが必至ですね。
s-20200321_203620.jpg

その2【東京街角地質学】
東京のビルは【石】で出来ているから
その石材を観察すると地質学的に色々な
発見がある。有名なのは三越の大理石に
アンモナイトの化石が入っているとか。。。
そんな興味津々の内容が盛りだくさん。
s-20200321_203543.jpg

カバー

このブログで何度も投稿しているジャンルに【本】がある。
私は本好きで、1年365日の毎日必ず1時間(その日のトータルで)は
本を読んでいる。
大体は出勤してから始業までの間に40分、就寝前のベッドの上で20分くらい。
ですからどんどん本は溜まっていくので、今年の盆休みに選別して買取店に
売り払ったのがかなりあります。
20年以上前の事、近所にあった古書店に森村誠一の文庫本を段ボール箱
で持って行ったこともありますが、当時の私は読み終えた文庫本のカバーを捨ててい
たのでその様な本は受け取ってもらえなかった。
それ以降はカバーを捨てることはないのですが、書店で購入したときに
「カバー掛けますか?」と言われる書店のカバーは無用です。
読んでいるとき邪魔なんです。複数並行して読んでいるとき外見で判断できない。
某書店では何も言わずカバーを掛けているので「カバーは要りません!」と断ることも。
外国でも書店でカバーのサービスするのかなあ~?しないよね!
で、映画「ドリーム」を観たとき(1回目)に下の階の書店で購入した1冊。
これは未だ読み始めていないが、立ち読みした時点で面白かったので楽しみ大!
DSC_1597.jpg 


地元の書店、さわや書店仙北店で購入した地元本。
こちら、只今毎晩寝る前に読んでいますが50代以上(もっと年配?)
の盛岡人には懐かしい面白さ満載ですよ!
DSC_1598.jpg 

駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード