FC2ブログ
HOME   »  岩手山
Category | 岩手山

小岩井の裏

2ヶ月ほど前に一戸の書店経営の友人が紹介
していた書籍を読んだのだが、その内容は
岩手山麓の開拓に関するもの。
この地域、勤務先からの水平直線距離は
アッと驚く僅か5km程度だが、高低差が大きく
その本に出てくる住民は【日本のマチュピチュ】
と表現しているほどなので遠く感じていた。
その開拓地の東寄りの道路から岩手山を望む。
実は先に投稿した【消えた滝沢の鉄塔】を確認
に行ったのだが。。。場所を特定できず。
まあ、この付近だろうの場所からの岩手山を
撮影した
s-IMG_3656.jpg

で、ここまで来たらゴルフ場の脇の池経由で
移動したのだが予想通り池越しに岩手山を
撮影出来るポイントには三脚を立てたオジサン
カメラマンと暇そうな奥様が居た。
そこは、軽く通過していつもの場所で岩手山を
撮影。
牧草地ではジョンディアの大型トラクターが
刈り取った牧草をサイドレーキでパラパラと
ひっくり返していた。
s-IMG_3660.jpg

スポンサーサイト



本日の寄り道

昨日は帰宅時の寄り道で【春子谷地】から岩手山を望みましたが
今朝は小岩井農場の人気スポット【一本桜】の駐車場に6:45分頃到着。
まだ、時期的に桜の開花前なので誰もいませんでした。
快晴の空の下、気持ちいい朝日をたっぷり浴びていい気分!
IMG_6121.jpg


そして、職場に向かう途中ゴルフ場脇のこの池の水面を見たら
鏡の様になっていた。
バイクを停める位置を考えカメラでパチパチ撮影していたら
右手に人の気配を感じた。
50m程離れた場所に犬の散歩をしているおじさん発見。
撮影終えてバイクで走っていって、【おはようございます!】
挨拶して峠道を下って行きました。
明日の寄り道を考えてから寝ます。
IMG_6131.jpg

午前と午後

盛岡人の私にとって【岩手山】は特別な山。
朝起きて、岩手山がはっきり見えた日は気持ちいい。
夕方、岩手山のシルエットが見えた日はホッとする。
当たり前の事だが、そんな岩手山も午前と午後とでは表情が違う。
きりっとしたいかにも午前中の岩手山、青空とのコンビがGood!
DSC_1762.jpg


午後の穏やかな陽光の下ではほんわかした様子になった。
今の時期、北上川も上流からの雪解け水で豊かな流れになり
昼寝にちょうど良い。。。。。。
DSC_1744.jpg

夕暮れの小岩井農場

梅雨に入ったとの発表があってからそれらしい天候だったが
昨日から好天(快晴)の盛岡付近。
たしか全国的にみて盛岡は快晴の日数が少ないエリアだったはず。
よって、快晴の日には有効に外の空気や日差しを感じたくなる。
昨日の【天峰山】に引き続き帰宅時の【寄り道】を決行。
本日は【小岩井農場】
冬季のモノトーンの景色で沈んだ気持ちをこの【色彩】でリフレッシュ!
IMG_4493.jpg


牛さんも夕飯の真最中でした。
IMG_4492.jpg

それぞれの岩手山

盛岡の住人にとって岩手山は【こころの山】
市内のいろいろなところから岩手山を眺めほっとする心
例えば、たまには高いところから眺めるのもいい
岩玉の展望台から【岩手山】を眺め、我が家を探す。
市内定期観光バスのこうすでもある【岩山】
裏側にはファミリーゲレンデのスキー場も。
岩手山00206

【小岩井農場】も観光バスのコース。
【看板】【赤い屋根】そして【岩手山】の3点セット。
決定版ですね。
岩手山00243

2枚の写真、岩手山の南斜面を盛岡方面からの眺望で
【この形の岩手山が一番!】と盛岡市民は思っているが
八幡平市の住人は【北斜面が一番!】と思っているらしい。

これ、旅行から帰ってきての【我が家が一番!】と同じかも。
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード