HOME   »  関西
Category | 関西

あと少し赤川鉄橋

何度もこのブログで紹介した【赤川鉄橋】
歩道部分が10月末で閉鎖されます。
線路の複線化ですので、発展的閉鎖なのですが寂しいですね。
IMG_4964.jpg

私はこの橋に合計3度通いました。
最初は大阪の友人のところに行ったときに自転車で連れて行ってもらいました。
その時気に入ったので、次にその友人のところに行ったときには
私から「また、赤川鉄橋に行こう。自転車貸してくれ!」
そして、今年の2月に行ったのは、姫路城の改修工事見学のついでに行ったのでした。
その時は阪急京都線淡路駅から歩いて行き、対岸まで渡ってまた歩き
路線バスに乗って大阪駅に戻った周回ツアー。
いい感じで歩きました。
事前にグーグルのストリートビューで予習していったので道に迷うことはありませんでした。
IMG_4977.jpg
スポンサーサイト

関西一泊旅行:鉄道系

今回の旅行のもう一つの目的は【鉄道】
阪急梅田駅。
訪れた日が祝日だったので朝の通勤ラッシュには遭遇しませんでしたが
この大空間のプラットホームは田舎者の私にとっては圧巻!
神戸線、宝塚線そして京都線の3線同時発車は「変電所は大丈夫か?」と
心配したりして。。。
そして車両のマルーンカラーも東日本には無いので新鮮(昔の国鉄の旧型を思い出すが)
タクシーも黒塗りが多いですよね。
DSC03357.jpg



梅小路蒸気機関車館の扇形機関庫。
この日は寒かったので大変だったが写真はパチパチ撮った。
真っ黒な被写体を撮影するのは難しいデス。
DSC03405.jpg

関西一泊旅行:構造物系

今回の旅行の主目的は勿論【姫路城の工事現場見学】でしたので
その雰囲気が伝わるこの一枚・・・・構造物系
この作業用足場を解体するのにも一年掛かるそうなのですが、それだけ立派な
足場ですので作業性、安全性は文句なしですね。
次に姫路城を見るときは完成後の立派な天守閣なはずで、遠くから見て
空中に浮かんでいる自分を想像したりして。。。
DSC03317.jpg

もう一枚の構造物系は【赤川鉄橋】
こちらはこの【単線+歩道】の姿はもう少しで見納めなのでぜひ寄りたかった場所。
次に行くときは複線の新線になっているはずです。
DSC03375.jpg

関西一泊旅行:その5

梅小路蒸気機関車館で屋外に停めてあった機関車【C62】2号機
ステンレス製スワローマークの超有名な機関車
製造は【日立】
【C62】は常磐線経由東北本瀬の特急【はつかり】の上野~仙台間を牽引した機関車です。
そうそう、この旅のスタートとなった盛岡→東京の新幹線【はやぶさ】の車輌【E5系】も
【HITACHI】製でした。
IMG_4994.jpg

そしてこちらは【C62】よりは控えめな【C61】2号機
製造は【三菱】
【C61】は特急【はつかり】の仙台~青森間を牽引、つまり仙台で
【C62】~【C61】のバトンタッチが行われていたわけでした。
話は変わって、機関車の側面写真はこの方向(画面右側から左側へ進む向き)が公式側と呼ばれています。
IMG_5003.jpg

関西一泊旅行:その4

赤川鉄橋からは徒歩にて桜宮高校前を通りバス停までダラダラ歩き
市営バスに乗車し大阪駅。
バスの運転手さん、ずーっと生アナウンスしてました。
録音の自動再生も流れていたのですが、お構いなしに【生】で
「ありがとうございました、ご注意ください、次は◎●です!・・・・」
さすが大阪。
大阪駅からは東海道線の新快速でびゅーっと京都へ。
京都駅から市営バスで【梅小路蒸気機関車館】
蒸気機関車【C57】の動輪が出迎えてくれます。直径は1750mm。
(先日の新年会の席で動輪の話題があった。。。)
DSC03398.jpg


動輪のタイヤには住友金属のマークが輝いています。
(鉄だけどタイヤと称す)
住友金属は鉄道用車輪のトップメーカー!
IMG_4984.jpg
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード