HOME   »  未分類  »  二つの【盛岡色】

二つの【盛岡色】

色の名前は本当に【色々:いろいろ】あるが、ある業界?(マニア)のなかで
【盛岡色】という色がある。
鉄ちゃんの世界ではJR民営化後のJR東日本盛岡支社の気動車に施された
【赤+白】のカラーリングが【盛岡色】と言われている。
この写真は花輪線松尾八幡平駅で撮影した【キハ52】の盛岡発松尾八幡平行き
折り返しで松尾八幡平発盛岡行きです。
私は往復ともこの列車に乗車しました。
鉄道000033


もう一つの【盛岡色】は大変評判が悪い色なんです。。。。。
盛岡の玄関口【盛岡駅】から市内中心部に向かうとき北上川を渡る
開運橋がありますがそこから見える【盛岡市立桜城小学校】の屋根が
ほぼ全面【錆:さび】だらけ。
定期的なメンテナンスをしていないのです。
この色を【盛岡色】と関係者は言っているらしい。
桜城小学校の校長が悪いわけではありませんよ。
盛岡市立の小学校~中学校~高校の殆どがこの状態なんです。
(盛岡市立高校は現在屋根の工事中みたいだが塗装かな?)
以前、お隣の市議会議員さんにお話したら、市役所の担当部署では
この状況を把握しているが「予算化していない」との回答でした。
【メンテナンスして】→【大切に扱う】という発想は盛岡の場合
無いのかな。。。
【スクラップ&ビルド】を選択しているのか?
これでは未来に【文化財的校舎】は期待できませんね。
がっかりです。
DSC_1495.jpg
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード