HOME   »  未分類  »  健康診断

健康診断

本日は勤務先での定期健康診断でした。
検査項目は色々ありますが、まずは【眼底検査】に関する話題。
検査好きの私は健康診断や病院に行っての検査でその検査機器を
観察するのが大好きでして、まず最初にメーカー確認します。
CTやMRIは国内メーカーでは東芝、日立が多いですね。
海外製ではGE、シーメンス、フィリップスなど。。。電機の主力メーカーが強いみたいです。
さて【眼底検査】の機器に関しては私の場合【キヤノン】の機器で受診しています。
現在はデジタルカメラが装着されている検査機器ですが、以前はフィルム一眼が装着されていて
(EOSだったかな)途中でフィルム交換していたのを記憶しています。
そのフィルムはコニカのリバーサルで眼底検査専用のもので赤が鮮明に表現されるフィルムです。
血管を観察するのが目的ですからね。
たまたま、キタムラに行ったときそのフィルムがあったので購入して撮影したのがこの写真。
赤が目立っていますね。
盛岡00675

健康診断のメインイベントは【胃部透視検査】いわゆる【バリウム検査】ですね。
段々、検査時の体勢がアクロバチックになってきて、ほぼ垂直に逆さまの状態になったりして
【落下】の心配しています。。。
最後のお土産は【下剤】でして、先ほどまでトイレに往復しておりました!
IMG_6359.jpg
スポンサーサイト
Comment
内視鏡検査
 以前は涙とよだれまみれになって受診しましたが,最近は機材の挿入部が小型化した上,経鼻法というより負担が少ないやり方が推奨されております。バリウムのように検査後の残り物がないのも利点ですね。
私の内視鏡検査
やたがらすさま♪
私も定期的に胃の内視鏡検査を受診しています。
私の主治医の医院での受診で、麻酔の使用で全く苦痛がありません。
但し、麻酔が解けるまでベッドで休むので時間の余裕が必要です。
ですから、多くの人数をさばく必要がある大病院では一人あたりの時間を短くする必要からこのような対応は無理で【大病院=苦痛】の関係があります。妹の友人が市内の大病院で内視鏡検査をして「死んでもいいから、もう内視鏡検査はいや!」と話していたのを思い出しました。
私の主治医はその大病院で勤務医をしていた経験から【苦痛の無い内視鏡検査】を前面に出して胃腸科を開業しています。
さあ、今年も内視鏡検査へGo!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード