HOME   »  未分類  »  間違った省エネ方法!

間違った省エネ方法!

世の中全体が【省エネ】の流れに乗っていますが
【間違った省エネ方法】をご存知ですか?
蛍光灯照明器具で【蛍光管を外して】省エネしたつもりの
【間引き点灯】は要注意ですぞ!
白熱電球の場合は外した分の100%が省エネになりますが、
【蛍光管】の場合は蛍光管を外しても【安定器:トランス】が回路に入っているので
蛍光管が無くても数%の電流が流れます。(トランスの1次側に流れたままになります)
全く無駄な電流なので【省エネ】したつもりが→【浪費】になってしまう事を知ってください。
もちろん、点灯する必要のない器具の場合、個別にスイッチを設置して電源Offすれば
100%省エネになりますよ。器具の構造により対応が必要です。
場合によっては、通常の場合(蛍光管が設置して点灯状態)より、外して消灯の場合の
方が多くの電流が流れる器具もあります。この場合、本末転倒になりますね。
以下に照明器具メーカーからの注意喚起資料がありますので、参考にしてください。
照明器具の間引き点灯について:東芝ライテック←クリック
蛍光灯器具の間引き点灯に関するご注意:岩崎電気←クリック
DSC_2502.jpg

昨日の岩手大学での講義に出席した時、学生生協で買ったブルーバックス:今月の新刊
グッドタイミングなタイトルです。
DSC_2501.jpg
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード