HOME   »  未分類  »  2種類の電柱

2種類の電柱

2種類の電柱と言っても電話線と電力線ではなく、コンクリート製や鉄製の電柱の
【形状】が2種類ある事のお話。
その1
普段多くの人が目にする電柱が下の写真。
地面に近い下側の直径が太く上に行くに従い連続的に細くなる
テーパー形状の電柱です。
力学的に考えると根元が一番曲げ応力が大きくなる訳だから
無駄のない形状ですね。
IMG_8203.jpg 


その2
上記その1に示したテーパー形状に対して、下から上まで同じ太さの
平行形状の電柱もあります。
鉄道の架線を支える電柱です。
下の写真を見るとしたから上まで同じ太さなのが分かります。
【柱】の曲げに対する強度からすれば上端の太さは無駄な太さですが
電柱から地面に対して水平に張り出した腕の取り付けを考えると
どの位置でも電柱の太さが同じなので、同じ金具で任意の位置に
設置可能な訳で【強度&経済性(重量)】より【機能】を優先した形状ですね!
IMG_8213.jpg 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード