HOME   »  未分類  »  内館牧子さんに強く同意!

内館牧子さんに強く同意!

以前に比べてテレビ番組を見ることが非常に少なくなった。
理由は簡単で
 面白くない
更に不快だから。
不快の種類はいくつかあるがその中のトップは
タレントやスポーツ選手が話す言葉(日本語)が「おかしい:変だ」
写真の本は今月末で閉店する【さわや書店上盛岡店】で購入した
著者:内館牧子
タイトル:「カネを積まれても使いたくない日本語」
ですが、このタイトルに引き寄せられ書棚から手に取り目次を開いたら
私が不快に思っている言葉が第二章にあり、思わずニヤリと笑った!
心の中で「さすが牧子さん、同じ感性ですね!」と叫んだ。
aIMG_0282.jpg 

それは、「~させて頂く」の乱用。
タレントがインタビューに答えているのを耳にすると
「~させて頂きました」等の言葉が多用:乱用されているのを
かなり前から、「なんでこの状況で【~させて頂きます】と言うの?」
と疑問に思い、そのうち不快に感じるようになった。
内館さんが書いてあるように「過剰なヘリ下り、過剰な気遣い」が
その様な言葉を発しているのであろうが、状況を判断して言葉を
選べば明らかにおかしいのだが、周囲からクレームが出ないように
「自分は一番下の言葉を使っているから問題ないはず」との
ずれた感覚で使っていると感じられる。
それが有名人だから影響が大きい訳である。
言葉はTPOを考慮して使うものだという事がどこかに飛んでしまっている。
その様な人はTPOを考慮することが出来ないことを【自白】して
いるのと同じですよね。
【朝の挨拶】や【メールの文頭】でどんな状況でも毎回
「お疲れ様です。」
を使っている能天気(脳天気)な若者が多いのは24時間営業の
アルバイト経験の影響か?
因みに私は朝一番に「お疲れ様です」と挨拶されたときには
「未だ仕事していないから疲れていないよ!」と返します♪
aIMG_0283.jpg 

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード