HOME   »  未分類  »  上路式:下路式

上路式:下路式

本日は朝から快晴・無風だったので近所の東北本線の雫石川橋梁直下
までカメラを持って散歩してきた。(堤防まではクルマだが。。。)
Facebookで話題になった(ある一部の限定された範囲でだが)
雫石川橋梁を列車が渡るときの【音♪】を確認するために。
そのミッションは無事終了したのだが、改めて現場に立って鉄橋を眺めると
上下線で構造が異なるのが面白い。
更に、【上り線=下路式、下り線=上路式】と上下がクロスした表記が
池袋駅の【西武線=東口、東武線=西口】とかIGRの御堂~奥中山高原の
勾配が【上り線=下り勾配、下り線=上り勾配】みたいで。。。
手前が上り線の下路式で橋桁の横断面の底部に線路が敷設されて、
奥が下り線の上路式で橋桁の横断面の上部に線路が敷設されています。
aIMG_1146.jpg 

上路式の場合、外から枕木を確認できますし走行中の列車の下部(台車等)も
観察出来て写真を撮るのには最適です。
対して下路式の場合、車両の窓から下の部分が隠れてしまうのでイマイチ。。。
aIMG_1139.jpg 

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード