HOME   »  映画  »  山田洋次監督

山田洋次監督

山田洋次監督作品で岩手が舞台になった作品
その1
【同胞:はらから】
舞台は旧松尾村(現:八幡平市)の青年団の物語。
花輪線の【岩手松尾駅】(現:松尾八幡平駅)や松尾中学校、
昭和の盛岡市内、【第一書店】二階の喫茶室などもでてきます。
主演:寺尾聡、倍賞千恵子
同胞1


その2
【息子】
軽米に住んでいる父親(三国連太郎)と東京に住んでいる
2人の息子の物語。
共演の【和久井映見】がステキすぎます!
和久井映見の誕生日は【12月8日】ですよ!
【12月8日】といえば何を想像しますか?
息子1
スポンサーサイト
Comment
え゛~!!
どうしてこの映画なの?!
というのは、私もこの2本、ネットで昨年取り寄せしたのです。
北上のSさんという方が、沢内で「星の家」というミニシアターをやっているのですが、
その方と知り合いで、その星の家のことを書いた冊子を送ってもらいました。
そしたらこの2本の事も書かれていて、早速注文しちゃったんです。
その他私が好きなのは、「山の郵便配達」という中国映画です。

「山の郵便配達」
よっちゃんさんへ♪
「山の郵便配達」は私も持っていますよ!
中国勤務1年4ヶ月の影響かもしれませんが
中国映画結構好きですよ。
他に、「あの子を探して」「きれいなおかあさん」
「再見」「小さな中国のお針子」「初恋の来た道」
「秋菊の物語」・・・・まだまだ他にも持っていますよ。
すごいですね~!
私は今はもっぱらTSUTAYA経由なので、
「胡同の理髪師」他胡同ものと、「活きる」とか
「紅い鞄 チベット、秘境モォトゥオへ」とかしか見てないです。
中国はなぜか中学校時代からすごく惹かれるのですが、
実際行ってみるとどんな感じですか?
(いまだに足を踏み入れていないので…)
桁違いのスケールというイメージがありますが。
価値観の違い
よっちゃんさん♪
私が中国に居たのは2001年11月~2003年3月まででしたので
変化の激しい中国ではだいぶ様子が変わったと思いますが、いろいろな
点で価値観の違いを感じました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード