HOME   »  イーハトーブ  »  県道202号線

県道202号線

クラシック、ヒームカ、観戦ツアーや匠塾?が通過する
安家川沿いの県道。
【県道202号線】
大平地区にある集落の様子。
合砂商店、給油所】
「あいしゃ」と読みます。
勤務先の後輩もこの大平地区の出身。
【合砂商店】は彼のおばさんの家と話していた。
彼も小学生の頃は道路脇に麦茶を用意して
汗をかきながら走ってくるライダーに
冷たい麦茶をサービスしていたとのこと。
(お礼に貰うステッカーが楽しみだったみたいだ)
IMG_3017.jpg


坂本地区の分岐点にある標識
ライダーたちは県道から離れて袖山に向かう林道を
走っていくが、県道はここから【鈴峠】を通って
国道340号線に向かう。
ここから【鈴峠】のサミットまでがとても危険な道。
だから土木事務所がこんな標識を掲示したのでしょうね。
狭い、浮き砂利のダート、ガードレール無しそして谷深し。
マンザワ師匠も「この峠、怖いよ」と言う。
でも、そのあとに「いつか走ってみると面白いと思うよ」と
挑発的お言葉。
我慢出来ずに走ってしまったのでした。
【葛巻町立馬渕小学校】のところで合流。
途中、サミット付近で対向して来たビッグアメリカンバイクと
遭遇。秋田からの年配者。
ダートだと告げると「引き返します」と冷静な判断でした。
IMG_3021.jpg
スポンサーサイト
Comment
やっぱり…
会長さんも認める、超(?)難関なんですね~。
何となくほっとしました。
岩手の道路で(特に県道)あのくらいでビビっていたんじゃ
情けないかなとひそかに思っていましたから。

実は、バイクに関してはど素人なので、
お茶を差し出すけな気な子供さんがいるんだと、
ちょっとびっくりです。
沿道の皆さん
よっちゃんさん♪
イーハトーブトライアルは沿道の皆さん、土地の所有者の方々、
通過する市町村の役所等の多くの人々に支えられています。

下手すると厄介者扱いされるオートバイ&ライダーに対して
農作業を中断してまで手を振ってくれる農家の皆さん
玄関先に手押し車を並べ素敵な笑顔で手を振る爺ちゃん、
婆ちゃん、キャッキャ叫びながら走行中の我々にハイタッチ
してくれる学校帰りの中学生。
汗をかきながら普代浜に到着したライダーにイカ焼、田楽、
飲み物そして斜めに刺さった棒が素敵な【アイスキャンデー】
などを振舞ってくれる普代村の皆さん、
「ありがとう!」

我々は恵まれた環境でバイクに乗れて【幸せ】です。
リンク先
よっちゃんさん♪
リンクの一覧に表示してある
【出光イーハトーブトライアル】
ご覧ください!
先週の土曜日、TVイワテで大会の様子を
まとめた番組の放映がありました。
私も数箇所のカットで登場していましたよ!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード