HOME   »  文房具
Category | 文房具

万年筆

【パーカー】の万年筆
実は購入したのは中国の百貨店でした。
多分、本物です。と、信じています。
書き味は、Good!で気に入っています。
太目の線ですので、インクの消費は多めですが問題無しです。
握り具合もオーケーです。
インクは【ブラック】を使用しています。
万年筆:パーカー

【モンブラン】の万年筆です。
書き味は所有している万年筆の中で一番きにいっています。
ペン先の固さは柔らかめ。
線の太さは中。
デザインはオーソドックスでそこがまた良いですね。
インクは【ロイヤルブルー】を使用しています。
握った感じ、バランスはサイコーです。
万年筆:モンブラン

ロットリング

前回が【ステッドラー】だったので今回は【ロットリング】
RENさんから「メーカー名ですか?」の疑問が寄せられましたが
「はい、メーカー名です」!
でも、一般的に【ロットリング】といえば線引き用の【ニードルペン】を
示すと思いますが、ここでは敢えて【アートペン】を紹介します。
基本的に【万年筆】ですがペン先が色々あります。
この写真のペン先のタイプは【B】というもので幅が1.9mmあり
太い線が引けます。しかし90度回転させると細い線になるので
レタリング【カリグラフ】に便利です。
万年筆:ロットリングアートペン


これは【ロットリング】社の一般的な万年筆
デザイン優先で購入しました。
使用感はイマイチ。。。持った時のバランスがイマイチです。。
チョッとガッカリです。
見た感じは良いのだが・・
万年筆:ロットリング

ステッドラー

チョッと前に、トンボMONOのことに関して紹介しましたが
今回は、【ステッドラー】です。
大学に入学して機械工学科だったので当然製図の時間がありまして
大学の売店などで製図用具を色々揃えました。
そのとき、今まで見たことのない鮮やかなブルーの鉛筆や字消しが
目に入ってきました。とても新鮮で心惹かれました。
それがご存知【ステッドラー】です。
ドイツ製(当時は西ドイツ製)というのもポイントが高いですね!
でも、建築科は【カステル】だったと思います。
担当教員の好みかな。
STEADTLER


こちらは、【MONO】と対峙する字消しです。
【MONO】に比較してチョッと硬めですね。
私は好きです。
中国では普通のスーパーや文房具店で【ステッドラー】が売られていました。
ステッドラー字消し

MONO

私の趣味のひとつに【文房具】があります。
それで、一番目に紹介するのが
【トンボ鉛筆のMONO100】いわゆる高級鉛筆
【三菱鉛筆のHi-Uni】に対抗するものです。
個人的にはデザイン的に【MONO100】を応援しています。
MONO100

鉛筆より有名なのが【MONOプラスティック字消し】
世界一の性能と思われる。
元々は【MONO100】のおまけ。
先日買った写真のもの、紙ケースの【角部】がえぐられているのが
分かりますか?
これ、わたしの推測では消すときの前後の往復動作で
字消しが紙ケースによって割れるのを防止する目的と思うのですが。
紙ケースのエッヂで接触→紙ケースの細い面で接触
如何ですか?
MONO字消し
駅の時計
FC2カウンター
プロフィール

モリオジ

Author:モリオジ
鉄道と写真、
そしてオフロードバイクで
岩手の林道を走るオジサン
最近、トライアルの練習も始めました

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
年別アーカイブ一覧
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード